モデルキャスティング&モデル撮影レディースアパレルメーカー:No16

news_2015_July_30

 

レディースアパレルメーカーご依頼を頂きました。外国人女性モデルのキャスティグと、取扱店に配布するカタログと、新規、取扱店のプレゼン資料に使用する、写真の撮影のご依頼です。

 

まずは、モデルのキャスティングから開始します。外国人女性モデル、1名を起用します。計、16名の候補者のリストを提出しました。その中から4名を選び、各モデルの、スナップ写真を提出します。オーディションをしないため、より、実物に近い、スナップ写真が必要なこともあります。

 

撮影チームは、外国人モデルの撮影に実績がるカメラマンは、ヘアメイクです。

 

撮影チームが決まると、打ち合わせです。クライアント様のご要望と、衣装のイメージで、撮影の方向性を決めました。当日、臨機応変に、カメラマンとモデルのアイディアで、撮影を進めます。

 

撮影点数は、全部で16点。メイクや髪型は2パターンで、おまかせいただけるとのことです。モデルと、衣装のイメージにあわせ、ヘアメイクがアイディアを出し、対応します。撮影スタートです。クライアント様の商品が、中高年層を対象にしているため、モデルとのギャップを心配しました。ですが、問題はありません。スタート時、モデルは多少、動きが悪く、ポーズを確認しながら撮影し絵居ましたが、カメラマンのリードで修正し、撮影は進みます。後半は、背景色を変え、イメージを変更し、撮影をしました。より高価な商品のため、差を付けたいと、ご要望があったためです。クライアント様は、撮影されていく様子を見て、満足されています。モデル、カメラマン、ヘアメイクが一体となり、クライアント様にご満足いただけた撮影ができたと思います。

Comments are closed.